メール代行は往復¥4,500~!もちろん翻訳料込み!

「料金改定」の内容を具体的に申しますと、

短いメールなら一往復¥4,500~です!

短いメールとは元の日本語が100文字程度のメールです。
文字数の多少の前後は許容範囲です。

ファベル合同会社にそのメールを送っていただきますと:
1)イタリア語に翻訳
2)イタリアのお相手にメールを送信
3)イタリアから来た返信メールを日本語に翻訳
4)お客様に日本語に訳した返信メールを転送

このすべてが¥4,500~で出来てしまうのです!

普通に翻訳を依頼したら日本語メールのイタリア語翻訳料、返信メールの日本語翻訳料だけでも、もっと費用がかかってしまいます。

それを考えるとかなりお得な価格設定だと自負しております!

「ちょっと試してみたい」
「それほど頻度があるわけじゃない」
とい方には、単発¥5,000で対応できます。

もちろん
「レストランの予約を取りたい」
「イタリアの友人とメールのやり取りをしたい」
など、個人のお客様も大歓迎です。

4回セットだと¥18,000、つまり単価¥4,500でご利用いただけます。

日伊の様々なビジネスシーンで実績のあるファベル合同会社の実力をお試しいたければ嬉しいです。
どうぞ一度ご連絡下さいませ。

詳細はこちらのページでご覧いただけます。→★★★

 

HPはこちら(トップメニューからも行かれます)
↓↓↓↓↓↓

日伊の架け橋・ファベル合同会社

akushu

 

 

「切れ味抜群ステーキナイフ、小売りはしないの?」とのお問い合わせにお応えしてネット販売も始めました♪
↓↓↓↓↓↓
イタリア・スカルペリアの手作りナイフのお店「manomano-マノマノ」

o0300014713188382141
高村

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

事務所移転のお知らせ

この度弊社は2月1日に下記住所に移転し、新事務所において営業を開始する運びとなりましたので
ご案内申し上げます。
また、移転に伴い電話番号が変更となります。

【新住所】
〒182-0002
東京都調布市仙川町3-11-56-201

【新電話番号】
電話:050-3754-2804

これを機に、皆様の信頼にお応えできるよう倍旧の努力をしてまいる所存でございます。
引き続きご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: お知らせ |

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
昨年は格別のお引き立てを賜りありがとうございました。
本年を飛躍のとしとするべく精進いたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

高村

美味しいお肉をより美味しく食べるためのステーキナイフ、あります♪
↓↓↓↓↓↓
イタリア・スカルペリアの手作りナイフのお店「manomano-マノマノ」新製品ページ
ヘッダー300

HPはこちら(トップメニューからも行かれます)
↓↓↓↓↓↓

日伊の架け橋・ファベル合同会社

akushu

 

 

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

ナイフイベント、無事に終了しました

4週間に渡って渋谷「la soffitta」と秋葉原「キオッチョラ・ピッツェリア」で開催していた肉とナイフ祭り、おかげさまで大人気の内に終了いたしました。

多くの方がスカルぺリア製ステーキナイフの切れ味に感動なさっている様子を見て、感動ひとしお。
これからも頑張ってこの感動を広めていかれたらなー、と心を改にいたしました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

高村

カテゴリー: ブログ |

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2015年12月28日~2016年1月3日まで、 弊社は年末年始休業とさせていただきます。 ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

カテゴリー: お知らせ |

ナイフと肉祭り@秋葉原「キオッチョラ・ピッツェリア」

12月14日(月)まで絶賛開催中のイベントに行ってきました!

t02200293_0500066713502302746

直球のメッセージが好きです。

t02200293_0400053313502302542

だいたい200gくらいにカットされた伊萬里牛の3つの部位を8つチョイス!
(6名ですけど、なにか?)

t02200293_0400053313502302544
待つ間に「山盛りですから、一皿で良いのでは?」というアドバイスを無視して二皿お願いしたサラミの盛り合わせ~♪
たしかに、一般的にはこれを6名で充分な量です!
が、今回はイタリア関係者との集いでしたから、やはり2皿で正解でしょうか。
これに、生ハムの盛り合わせも2皿お願いいたしました。
こちらのお店は、手動の機械で生ハムをカットしています。
お願いしてからカットしているので、とても美味しいハム類です!

t02200293_0400053313502302543

気まぐれサラダはすごく多くの種類のお野菜が山盛り!

t02200293_0400053313502302541

かるーくローマ風ピッツァをつまみながらお肉を待ちます。

t02200165_0600045013502305820

来ましたー、伊萬里牛メチャメチャ美味しいです!
味が濃くて、柔らかいのです!
最近は熟成肉ばかり食べていましたが、全然負けない美味しさです。
よーく切れるナイフで切りながら召し上がっていただきます。
お肉の断面が美しいので、舌触りもよく、美味しさがお皿に逃げません。

t02200188_0400034113502302540

最後に「白トリュフのリゾット」をやっぱり頼んじゃいました。

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

ナイフのイベント開催中!

渋谷のピッツェリア「la soffitta ラ・ソッフィッタ」にて、ナイフのイベント開催中です! 

 

本日から11月29日(日)までの二週間、渋谷のピッツェリア「la soffitta ラ・ソッフィッタ」にて「伊萬里牛」のステーキをご注文いただくと、
当社で取扱中のイタリア製のめちゃめちゃ切れるステーキナイフを実際にお試しいただけるフェア―です。

店内の様子など、追ってアップいたします!
 

 

 

 

イベントチラシ

 

 

カテゴリー: お知らせ |

「スカルぺリア」モデル入荷しました!

入荷

おかげさまでご好評いただいている「スカルぺリア」モデルが入荷いたしました!
実は来週から、「伊萬里(いまり)牛」とのコラボイベントを渋谷のピッツェリアで2週間、そのあと秋葉原の同系列ピッツェリアで実施いたします。

詳細が決まり次第、告知いたしますので、そちらもどうぞよろしくお願いいたします!

高村

カテゴリー: お知らせ |

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2015年8月8日(土)~2015年8月16日(日)まで、 弊社は夏季休業とさせていただきます。 ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

カテゴリー: 未分類 |

新モデルのステーキナイフが入荷しました

以前にちらっとご紹介したステーキナイフの新モデルをネットショップにアップしました音譜

コンシーリ社の定番テーキナイフ
刃物の街・スカルぺリアを代表するスタンダードなステーキナイフだということから、、、
その名も「スカルペリア」!

・ケ・ォ・・レ・・「、キ、・png

ギザギザがついた従来のステーキナイフのことは、、、
忘れて下さい。

構造が違うので、お肉が切れる理論も違うのです。
包丁だと思っていただけるとわかりやすいと思います。

従来のステーキナイフが “のこぎり”なら、このステーキナイフは包丁なのです。

「のこぎり」は刃を何度も往復させて切りますよね?
当然ながら断面は凹凸になります。

では、良く切れる包丁はどうでしょう。
切れ味の良い包丁は素材に当てて「スーッ」と軽く動かすだけで切れます。
何度も往復させる必要がありませんよね?
断面もとてもきれいです。

もちろん、お肉の繊維もつぶしません。
だからお皿にドリップが流れ出ないのです。
口の中で、初めて素材のおいしさがあふれ出すのです。
だから、お肉の美味しさを最大限に味わうことができるのです。

ナイフを何度も往復もさせる必要はありません。

必要ないのですが、長年のクセでガシガシ往復させてしまうかもしれません。
そんな時は
「そうだ、これは “のこぎり” じゃなくて包丁なんだ」
と思い出して下さい。

固いお皿にあててガシガシしてしまうと、繊細な刃先がはやく摩耗してしまう原因にもなります。
おなじ理由から、鉄板の上でのご使用は避けて下さい。

とはいえ、長年の使用や誤った使用で切れ味が落ちても研ぎ直すことができます!

そうなんです。
これは価値ある一生もののステーキナイフ、そして次世代へと引き継ぐことのできるステーキナイフなのです。

刃から持ち手の後ろまで1枚で切り出した、ブレード&グリップ一体型のフルタング構造。
高級包丁、高級ナイフに用いられる構造です。
グリップを挟んでいるハンドル部の素材はレジン(樹脂)なのでお手入れも簡単


  
ブレードの表面にはブランドロゴ、ブランド名、そして「スカルぺリア イタリア」という刻印が施されています。

職人が一本一本、丁寧に作っています。

 

パッケージは2本入りと4本入りの2種類。

こちらから商品ページに直接行かれます♪
↓↓↓↓↓↓
イタリア・スカルペリアの手作りナイフのお店「manomano-マノマノ」新製品ページ

o0300014713188382141

HPはこちら(トップメニューからも行かれます)
↓↓↓↓↓↓

日伊の架け橋・ファベル合同会社

akushu

 

 

カテゴリー: お知らせ, ブログ |
1 2 3 4 5